梅雨の時期は基礎部分に雨が入り込んで水が溜まってしまうことも考えられます。その場合でも上部へと蒸発していくのでしょうか?


通気断熱WBシステムで建てられた家は梅雨時でも空気の流れによって床下は乾燥している状態です。通気口につけられた形状記憶合金が開いているときは雨も入ってきますが、床下には風が通ります。そして、その風は、壁の第2通気層から上昇気流とともに抜けていきます。そうした風の動きによって乾きますし、木材には調湿作用もあります。ご心配はいりません。