WB工法の家は何年もつと想定されますか?


立地条件、建築様式により異なりますが、通常住宅における寿命は湿気・結露による土台、柱等の構造材の腐れが原因と思われます。通気断熱WBシステムの家はもともと構造材が許容量以上の湿気を溜めないように現場の大工棟梁が研究を重ね、その結果でき上がった工法を大学などで実証実験し、つくられものです。構造材については通常住宅の2〜3倍の寿命を得られると考えられます。 また、「WB工法の家」で建築された住宅には、20〜60年の保証を考えています。