通気断熱WB工法は、高温多湿で寒暖差の激しい日本の環境に対応して考えられた工法 です。内装材が結露することはありません。マルキュウ林業では、この通気断熱WB工 法にさらに、化学薬品処理をしない燻煙構造材を使用し、内装材にも自然素材を多用 して、住む人と住まいだけでなく、地球全体の健康をも目指しています。
「家のつくりようは夏を旨とすべし」

在来工法は高温多湿の日本の環境を熟慮し、カビが生えたり結露せずに長持ちするように考えられました。しかしいま、密閉された住宅にすることで逆に結露やカビが発生しています。