通気断熱WBの発想は、免疫力のあるカラダにすること

カゼとカゼ薬、カゼを直すカラダのしくみをご理解していただいたところで、住まいの工法やシステムについてお話ししていきましょう。
これまで、シックハウス症候群に対するF1素材(政府が決めた基準値より低い有害物質の揮発値の建材)がもてはやされ、さらには最近では、気密化を極端にうたう住宅が流行り始めています。

私たちには、これらがカゼ薬だと思えます(カゼ薬を悪く言うつもりありません。健康なカラダにするという観点から見た場合の話しです。実際、私たちもカゼ薬のお世話になることもあります)。
例えば、高気密化された住宅は冷房によって冷やされた空気、暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じこめ、省エネルギー化を推進しようというものです。
とにかく夏が暑い、冬が寒いと思っている方はエアコンなどでちょうどいい温度に整えられた室内の空気をなるべく逃がさないことを目的にしたこのシステムを、快適だと思うかもしれません。
こういう家にしたおかげで「暖かくていいよ」あるいは「涼しくいいよ」と感じる方も多いようです。でも実際は、これは目に見えるカゼ薬の効用のようなもの。そうすることで密閉された風の通らない壁内はびっしりと結露してしまっています(実際には省エネになっていないという報告もあります)。

また、F1素材、ひいては自然素材だから有害物質が出ないという考え方も同じものでしょう。いくらそういう素材を使っても、もし、室内に有害物質を発生する家具が持ち込まれたら……、これでは小手先の解決だけに留まってしまっていることになります。住まい全体の健康を考え、結露せず、有害物質が揮発してもすみやかに家の外に出すのが、通気断熱WBの家(自然の力を利用して省エネも実現しています)。つまり、免疫力のある丈夫な家にして、住む人自身の健康を目指したのが通気断熱WB工法なのです。