カゼを直すカラダのしくみ

みなさんはカゼをひいたとき、どうしていますか?  カゼはひき始めが大切だからと早めに薬を飲んだり、カゼぐらいでは仕事を休めないから、あるいはこれ以上悪くなって熱が出ないように、と薬に頼ったりしている方が多いのではないでしょうか。

でも、じつはそれでは症状は抑えることはできても、健康にはなっていないのです。逆に、カラダの免疫力を下げている。もしくは免疫力を上げるせっかくのチャンスを逃してしまっています。

まず、カゼのひき始めはクシャミや寒気。人によって、あるいはインフルエンザの型によって症状は異なりますが、鼻水やノドの痛み、セキと、徐々に重い症状になっていきます。そのうちにリンパ腺が腫れ、やがて高熱を発していきます。こうして進んでいくごとにカラダは辛くなりますから、なんとか早めに症状を止めたいと思うのが普通。そこで、薬を飲むということになるわけです。

しかし、リンパ腺が腫れるのはじつは、カラダに入ってきたインフルエンザをやっつけるために、リンパが活発に動き始めた現われ。リンパ腺(リンパ節)は、病原菌や異物を食い止め、処理し、抗体をつくります。つまり、カゼの菌が入ってくるとリンパ腺はそれを食い止めようとし、その菌の抗体をつくってやっつけようとする。

その活発なリンパ腺の活動の現われが腫れで、腫れている間、リンパはその中でカゼの菌の抗体を製造しながら、やっつけて追い出す闘いをしているのです。

カゼの最終段階に入ると熱が出ますが、じつはこれもカゼを追い出すためには大切なこと。それはリンパ腺は高熱になるほど働くからで、少しの熱では新型のインフルエンザに対する抗体をつくれるほど活動できません。いわば、高熱にならないとカゼも直らないと思っていただいていいのです。