いま、家が健康をむしばんでいる

日本の住宅は現在、高断熱化・高気密化された住宅が主流になっています。
冷房によって冷やされた空気、暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じこめ、省エネルギー化を推進しようという目論見でした。

ところが、ここにきて深刻な問題が浮上してきました。
高気密化・高断熱化だけを突き詰めた結果もたらされた弊害。日本の気候風土を軽視した弊害。新築や改築直後に、頭痛、目やのどの痛み、吐き気、手足のしびれ、喘息発作、アトピー性皮膚炎の悪化といった健康被害を引き起こすシックハウス症候群もその一例です。
室内の壁や床、天井に使われる建材から出るホルムアルデヒドなどの有害化学物質がこもってしまうことが原因といわれています。そして、結露によるダニやカビの発生問題も、高気密化ゆえの弊害です。

これらの課題を解決するのが、『通気断熱WB工法』です。
日本の伝統の建築技術を生かしながら、健康・快適・省エネ・高断熱を実現しました。


※ 通気断熱WB工法パンフレットより抜粋。W=ダブルの通気層、B=ビルダー&ブレス(呼吸)